1. TOP
  2. admintTV
  3. admintTV VR360

admintTVVR360

360度動画をストリーミング配信。
静止画とは違う活用シーンが見つかります。
観光情報発信や不動産物件紹介に活用が期待されます。

VR360配信概要

admintTV VR360配信は、360度動画カメラの撮影した動画(360度を見渡せる動画)を、 HLS(HTTP LIVE Streaming、暗号化AES128)にてマルチディバイスへVODにてストリーミング配信するサービスです。

本サービスにてサポートされる360度動画形式は、主要カメラでサポートされているエクイレクタングラー形式(パノラマ形式、円柱形式とも呼ばれる)となります。また、admintTVにて標準提供されるHTML5-Playerが、360度VR動画を放映します。閲覧者は、ブラウザに特定ソフトのプラグインや、端末に専用アプリをインストールすること無く、ご利用頂くことが可能です。

360度動画の撮影機器やご利用方法については、admintTVマニュアルDLページから『360度動画のご利用方法』資料をダウンロードしてご利用下さい。先ずは本資料を読んで頂く事をお勧めします。

360度VR動画サンプルは、admintTVデモ映像を参照下さい。

admintTVVR360配信概要図

VR360配信概要図

特徴

  • 360度VR動画を特別なソフトのPlug-In無しにブラウザのみで再生可能。
  • エクイレクタングラー形式の360度VR動画をサポート。
  • マルチディバイスへストリーミング配信(HLS AES-128)。
オプション
  • 360度VR動画カメラとして、RICOH THETAの販売も実施しております。お問い合わせ下さい。
  • VR360撮影サービス 詳細はこちら
Support Matrix
admintTV VR360配信にてサポートする端末OS及びブラウザ一は、admintTV VOD配信と同様です。
こちらをご参照下さい。

Q&A

Q 360度VR動画については素人なので、撮影から配信までのやり方が全く知りません。
教えて頂けませんか?
A 先ずは、admintTVマニュアルDLのページから『360度動画のご利用方法』資料をダウンロードしてお読み下さい。
Q 360度VR動画を撮影するカメラですが、どの様なカメラでも利用できますか?
A 撮影した動画をエクイレクタングラー形式(パノラマ形式、円柱形式とも呼ばれる)に変換できるものであれば、ご利用可能です。サポートしています。通常は、カメラメーカーは、撮影された動画を、エクイレクタングラー形式に変換するツールも提供しています。カメラメーカーにご確認下さい。また、市販のツールでも利用も可能な場合も有ります。

VR360導入事例

case01 S社様:発行雑誌の特典映像として360°VR動画サービスご活用例
サービス例
  • 雑誌購読者に特典映像を360°VR動画で配信提供。
  • 特典映像は雑誌内に掲載のQRコードを読み込むことで、臨場感あるれる360°VR動画を視聴。

VR360サービス料金

御見積のご要望はadmintTVお問合せフォームまたはお電話(担当:梅田/渡辺)にてご相談ください。

VR360撮影サービス料金

下記料金表は目安であり、ご依頼頂く際には都度御打合せの上、御見積申し上げます。

  • 撮影する会場(場所)の環境や各種条件により御見積は大きく変動する可能性があります。
  • カメラの性能(画質等)により、料金は異なります。下記はリコーのSHETAで撮影した場合の料金です。
  • 遠隔地への出張等の交通費、宿泊費、事前打ち合わせ出張費等は含まれておりません。

1日(1台カメラ+予備1台カメラ)撮影

※ 照明を必要としないOPEN撮影の場合

費目 項目 単価 数量 金額
スタッフ費 カメラマン(1名で撮影を実施) 35,000円 1 35,000円
ディレクター 50,000円 1 50,000円
機材費 カメラ機材一式 5,000円 2 20,000円
再生確認用PC 3,000円 1 3,000円
車両費 1台 15,000円 1 15,000円
小計 123,000円
管理費 15% 18,450円
合計(外税) 141,450円
  • 上記は最安値とお考えください。
  • 上記には撮影後の加工費(編集費)は含まれません。編集費用に関しては御打合せにより御見積致します。

御見積のご要望はadmintTVお問合せフォームまたはお電話にてご相談ください。

admintTVサービス

HLS AES-128配信
MPEG-DASH配信

admintTVサポート